ティラドのモノづくり

ティラドのモノづくりの特長

あらゆる業界・環境を支えるティラドの技術

当社の大きな特徴として、あらゆる業界に対して製品を送り出していること、そして、様々な用途・希望に応えていることが挙げられます。

売り上げを見るとそれぞれ業界が異なっており、代表する製品群は二輪車用、パワーショベル用、フォークリフト用とそれぞれ全て世界トップシェアを誇っています。
ひとつの業界に依存することなく、あらゆる業界を支えている点が当社の強みのひとつと言えます。

また、当社は二酸化炭素(CO2)に関する環境ビジョンを設定しています。
第一に、2021年より先、当社の環境貢献製品が市場で使われることによって削減されるCO2の量が、当社の生産によって排出するCO2の量を上回ることを目指しています。
第二に、2021年に環境貢献製品の売上が全製品の売上(国内)の50%になることを目指しています。

ビジョン達成のために全社員が、省エネ活動の推進、環境負荷の低い商品の開発・生産および市場への提供を推進しているのです。

設計部門

商品化までの全体の過程に関われる充実感

設計の主要業務は、上流の研究開発部門からバトンを受け、新しい技術を投入した商品に仕上げることであり、自動車、二輪車、建設機械などの各分野の専門チームに分かれています。

また一言で設計と言っても、製図するだけでなく、お客様からの要求、製造現場からの要望・制約など、克服すべき課題は多岐に渡ります。

当社の場合、コンピュータを用いた解析や設計計算プログラム等による机上検討だけでなく、製造現場に設計者も出向き、関係者とのチームプレーで課題解決をスピーディーに図れることが強みの一つです。設計者は商品化までの全体の過程に関われるため、実際にお客様に使われるようになった時に得られる充実感は大きいです。

ティラドのモノづくり

研究開発部門

スペシャリストとして誇れる技術と知識を習得

設計部門の上流に位置するのが研究開発です。

主な業務は熱交換に関する最先端技術の開発・当社の既存ラインナップにない新分野の商品開発・高度解析技術の開発・材料開発などであり、「高性能・高品質・低コストで、社会に貢献する商品を開発する」を合言葉に開発テーマとして推進しています。

テーマ推進においては、設計、解析、評価試験・結果解析はもとより、量産性検討、コスト検討など、業務は多岐に渡ります。また複数のテーマを兼務する場合も多く、業務をより幅広く体験しながら、スペシャリストとして誇れる技術と知識を身に付けられる仕事です。

ティラドのモノづくり

製造部門

メーカーの醍醐味がここにある

営業、設計部門がお客様に製品を提案し選定を受け、生産管理が受注情報を社内に展開します。その生産計画に基づいて、実際に製品を量産するのが製造部門です。

製造部門は、材料と部品から様々な工程を経て製品を完成させる、そして利益を生み出す、ティラドでもっとも重要な部門です。安全・品質・環境を維持しながら、最高の生産効率を追求する。メーカーの醍醐味が、この部門にあります。

ティラドのモノづくり

生産技術部門

国内外の製造拠点へ生産設備を発信

使う側の立場から安全・品質・生産性・最適工法を考慮し、求められる要求を最大限に引き出せるように生産設備・金型などの設計・製作・準備と多岐にわたる業務をこなしています。

「最先端の加工機を用いた加工」「生産データの収集と分析」「製品品質の向上」に努めるプロ集団です。

各製造拠点を指導したり、現地スタッフを招いての技術教育・交流なども行います。多様な経験が確実なキャリアアップにつながります。

ティラドのモノづくり

募集要項はこちら

お問い合わせ 拠点一覧